桜桃 桜桃

桜‪桃‬

    • $3.99

    • $3.99

Publisher Description

太宰治(本名 津島修治)は、小学校では学校始まって以来富岳百景
の秀才と称されるほど成績優秀で、特に作文に優れ、腕白でいたずらっ子でもありました。



茶目っ気があり、中学校では友人を笑わせては先生に叱られることも多かったそうです。



そしてこの頃から文学作品に親しむようになり、友人らと同人誌「蜃気楼」を創刊、太宰自身も作品を発表しました。



そんな彼が、ノートに何度も名前を書いたり講演会に足を運んだり、格好を真似て写真を撮ったりと深く愛好していた作家に芥川龍之介がいます。



その芥川の死に強い衝撃を受けたことがきっかけで、学業を投げ出し悪遊びをするようになりました。



それから太宰の姿は、今までとは想像もつかないような変貌を遂げていきます。



感受性が強く情緒不安定で、突拍子もない行動を起こし、故に波乱万丈な人生となります。



そうした彼の資質や様々な経験から生み出された小説はとても人間くさく、今でも読む人々を魅了しています。



<作品冒頭>



われ、山にむかいて、目を挙ぐ。

――詩篇、第百二十一。



子供より親が大事、と思いたい。

子供のために、などと古風な道学者みたいな事を殊勝らしく考えてみても、何、子供よりも、その親のほうが弱いのだ。

少くとも、私の家庭においては、そうである。

まさか、自分が老人になってから、子供に助けられ、世話になろうなどという図々しい虫のよい下心は、まったく持ち合わせてはいないけれども、この親は、その家庭において、常に子供たちのご機嫌ばかり伺っている。

子供、といっても、私のところの子供たちは、皆まだひどく幼い。

長女は七歳、長男は四歳、次女は一歳である。

それでも、既にそれぞれ、両親を圧倒し掛けている。

父と母は、さながら子供たちの下男下女の趣きを呈しているのである。



夏、家族全部三畳間に集まり、大にぎやか、大混乱の夕食をしたため、父はタオルでやたらに顔の汗を拭き、

「めし食って大汗かくもげびた事、と柳多留にあったけれども、どうも、こんなに子供たちがうるさくては、いかにお上品なお父さんといえども、汗が流れる」

と、ひとりぶつぶつ不平を言い出す……。




太宰治(だざい・おさむ)

津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時、太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。

GENRE
Fiction
NARRATOR
大昭
大島 昭彦
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
00:19
hr min
RELEASED
2022
9 June
PUBLISHER
パンローリング株式会社
PRESENTED BY
Audible.com
SIZE
17.3
MB