• $0.99

Publisher Description

夏目漱石の最高傑作、「こころ」と「吾輩は猫である」を一冊に収録しました。
日本人なら一度は読んでおきたい、時代を超えた名作です。
ぜひこの機会にご一読ください。

・こころ
「夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の小説である」
(Wikipediaより)

・吾輩は猫である
「夏目漱石の長編小説であり、処女小説である。1905年(明治38年)1月、『ホトトギス』に発表され、好評を博したため、翌1906年(明治39年)8月まで継続した。
「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しで始まり、中学校の英語教師である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様が風刺的・戯作的に描かれている。」
(Wikipediaより)

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
2018
3 September
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
867
Pages
PUBLISHER
Micpub.com
SELLER
StreetLib Srl
SIZE
6.6
MB

More Books by Souseki Natsume