• $11.99

Publisher Description

ぱすぽ☆やアップアップガールズ(仮)などの振付を手がける振付師・竹中夏海によるアイドルダンスの読み解き方。


丸々1冊「歌って踊るアイドル」の「踊る」に迫った、これまでにない書籍です。

アイドルダンスの特徴や独特の楽しみ方を振付師ならではの視点で分析するとともに、コンテンポラリーダンサー・梶原未由(珍しいキノコ舞踊団)、東京女子流ディレクター・佐竹義康&衣装担当・笠井奈津枝、玉井杏奈(ぱすぽ☆)への、ダンスをめぐるインタビューも収録しました。


表紙には講談社ミスiD(アイドル)2013グランプリのモデル・玉城ティナを起用しています。


【目次】

●はじめに

グループアイドルブームと呼ばれて/2007年紅白の“りしゃこ”/アイドルのどこを見るか


◎アイドルダンスの2大特徴

客席も参加するステージ/そもそも〝アイドルダンス〟というジャンルは存在するのか/アイドルダンスの特徴その1│歌詞と振付のリンク/振付による「歌詞カードの向こう側」/歌詞と振付がリンクする意味/アイドルダンスの特徴その2│振りコピ/初見で真似出来る“その場”の振りコピ/振りコピは盛り上がりを表現をする手段のひとつ/〝その場〟では出来ない、“その後”の振りコピ/「歌詞と振付のリンク」と「振りコピ」を結ぶ式/“名刺”となるPV/映像作品の一部として見るダンスシーン


珍しいキノコ舞踊団・梶原未由インタビュー

コンテンポラリーダンサーから見たアイドルダンス


◎アイドルは視覚を刺激する

「ツカミ」の役割を果たす衣装/振付に衣装を生かす/女性アイドルファンと女性アイドルの衣装/小道具を取り入れた振付/メンバーの身長差も利用出来る/フォーメーションの必要性/メンバーのポジショニング/ライブ会場は「視界の確保」


東京女子流ディレクター・佐竹義康&衣装担当・笠井奈津枝インタビュー

衣装から見る東京女子流の世界観


◎ぱすぽ☆のダンスが出来るまで

チアダンスとの出合い/アイドルの振付がしたい!/アイドルの振付師になるには/ぱすぽ(仮)との出会い/ぱすぽ☆の世界観/ぱすぽ☆初のオリジナル楽曲/ぱすぽ☆のフォーメーション/「間違い」は直すが「個性」は残す/実像のアイドル


ぱすぽ☆・玉井杏奈インタビュー

アイドルはステージで何を考えているのか?


●さいごに

アイドルとはなにか/アイドルに疑問を持つということ


プロフィール

カバー撮影・オフショット集

GENRE
Arts & Entertainment
RELEASED
2013
24 July
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
172
Pages
PUBLISHER
ポット出版
SELLER
Pot Publishing
SIZE
13.7
MB

More Books by 竹中夏海