• 11,99 €

Publisher Description

日本の「レンジャー」が体験したアメリカの国立公園での長期滞在ボランティア。

それは、それまでの“アメリカの国立公園”観を覆す衝撃的な体験だった。

国立公園到着の翌日から始まった体当たりのフィールドワーク、2度のアメリカ横断。2つの国立公園での長期研修と首都ワシントンでの内務省魚類野生生物局での実務研修を通じてようやく理解できたアメリカの自然保護政策とは!?

ボランティアの活用、モニタリング調査、イメージ戦略など、国立公園を訪れただけではわからない舞台裏を、日米の国立公園と国立野生生物保護区の比較しながら描き出す。

国立公園ボランティアへの応募や国立公園での生活の様子などもまじえながら、アメリカの国立公園でのボランティアの役割や活躍の様子なども紹介。

なお、本書はEICネットに合計39回にわたって連載された「アメリカ横断ボランティア紀行」をもとに、一部書下ろしを加え刊行されたものである。


【著者プロフィール】

鈴木 渉(すずき・わたる)

環境省自然環境局、国連大学サステイナビリティ高等研究所等を経て、現在、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)アジア・オセアニア地域技術支援機関に勤務。

2003年から2005年にかけて、独立行政法人 国際協力機構(JICA)の海外長期研修制度により、アメリカの国立公園などで実務研修を行う。

主な著書に、『生物多様性・生態系と経済の基礎知識』(中央法規)、『基礎から学ぶ環境学』(朝倉書店)、『儲かる農業をやりなさい!』(マネジメント社)、『儲かる農業をやりなさい! ダイジェスト版』(ゴマブックス)(いずれも共著)などがある。

なお、研修の体験を連載した記事として「アメリカ横断ボランティア紀行(EICネット)」がある。

GENRE
Business & Personal Finance
RELEASED
2017
February 9
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
222
Pages
PUBLISHER
ゴマブックス株式会社
SIZE
117.7
MB