• $5.99

Publisher Description

ベストセラー電子書籍を出版して印税と本業の売上を増やす7つの戦略

(電子書籍マーケティングの教科書)


---------------------------

▲本書「はじめに」より抜粋

---------------------------


あなたは、ご自身の書籍を出版し、長期間にわたってコンスタントに売れ続けるベストセラー著書にすることができたらよいと思いませんか?

そして、その著書に共感した読者があなたの商品やサービスを購入してくれることで本業の売上が増えていくとしたら、素晴らしいと思いませんか?

実は、このような「出版」による著書から印税と本業の売上を増やすために、多くの方々から注目されている新しい方法論があります。

それが、「ベストセラー電子書籍の出版」です。

現在、右肩上がりで急成長している電子書籍市場でベストセラー電子書籍を作る方法を知ることができれば、安定的な印税を得ることができるようになります。

また、ベストセラーとなる電子書籍を数多く出版することは、本業の見込み顧客となる方々との初回接触の機会を増やすことを意味します。

その結果として、あなたのファンを増やしながらも、実際に本業の商品やサービスを購入してくれる顧客を次々と獲得することが可能になるでしょう。

これは電子書籍を活用した「電子書籍マーケティング」と呼ばれる新しいマーケティング手法で、あなたが新たな収益を得るために、もっとも効果的な手段のひとつです。

そこで、電子書籍の特徴や電子書籍市場の最新動向をはじめ、「電子書籍ミリオンセラーロードマップ」という7つの電子出版戦略をご紹介します。

さらに、電子出版後に効果的な「9つの電子出版施策」もお伝えします。

本書の内容をお読みいただければ、初心者の方でもベストセラーとなるような電子書籍を出版し、印税と本業の売上を増やす方法が理解できるようになります。

また、書籍という著作物を出版することは、あなたの専門家としての権威性を高めることにもなるため、ブランディングにも成功できるようになるでしょう。

特に、新たな収益源や新しいマーケティングの方法を模索している起業家やスモールビジネスのオーナー、そしてコーチ・コンサルタント・士業・セミナー講師のような専門家の方々には、必ずお役に立てる内容になっています。

電子書籍をうまく活用すれば、印税が得られるだけでなく、電子書籍があなたの分身となり、新たな見込み顧客を次々と呼び寄せてくれるようになります。

本書では、電子書籍業界の最新トレンドを含めた有力な電子出版戦略をお伝えします。

あなたがどのようなビジネスをおこなっていても、こちらは必ず役立つ情報です。

ぜひ、こちらでご紹介するベストセラー電子書籍の作り方を参考にしてみてください。


---------------------------

▲目次(抜粋)

---------------------------


はじめに


第1章 電子書籍のメリットと電子書籍が重要になる理由

電子書籍のメリット

電子書籍のメリット その1.欲しいタイトルを一瞬で購入し、すぐに読むことができる

電子書籍のメリット その2.保管場所に困らず、モバイルデバイスに数千冊を保有して持ち運べる

電子書籍のメリット その3.物理的に経年劣化することなく、永続的に販売できる

今後のインターネットマーケティングで電子書籍が重要になる理由

電子書籍とは?

電子書籍の定義

①拡大・縮小しても見やすい

②動画と連動させることができ、インタラクティブな書籍が作れる

③業界標準である

電子書籍の収益化の仕組み

1.70%の印税では電子書籍がKDPセレクトに登録されている必要がある

2.70%の印税では配信コストが差し引かれる

3.70%の印税では最小希望小売価格が250円、最大希望小売価格が1千250円となる

電子書籍市場の最新動向

電子書籍市場は2023年に4610億円を超えると予測

すでに1千万人規模の電子書籍市場

世界最大の電子書籍サービス、アマゾン・キンドルとは?

キンドル誕生から十年、出版文化の大変革

電子書籍普及の功労者、アマゾンCEOジェフ・ベゾス氏

ジェフ・ベゾス氏の電子書籍にかける情熱


第2章 最強の電子出版戦略

【永久保存版】最強の電子出版戦略

電子書籍ミリオンセラーロードマップ(MSR)

1.出版フェーズ

2.マーケティングフェーズ

3.メディアフェーズ

4.ブレイクフェーズ

5.読者レスポンス&コミュニケーション

6.バックエンド開発

7.マネタイズ(収益化)

本業の売上を伸ばすために、もっとも効果的な電子書籍の活用方法

電子出版を成功させるための具体的なフレームワーク

eパブリッシング・ビジネス・ストラクチャー(EBS)

最先端の電子書籍マーケティングを実践する方法

9つの電子出版施策

1.ソーシャルメディア(Facebook、Twitter)で告知する

2.メールマガジンで告知する

3.友人・知人に読んでもらう

4.プレスリリースを配信する

5.ウェブサイト・ブログに掲載する

6.インフルエンサーに紹介を依頼する

7.オフラインで告知する

8.出版記念パーティー・講演会を開催する

9.広告を出稿する


まとめ


---------------------------

▲著者プロフィール

---------------------------


小谷川 拳次(こたにがわ・けんじ)

作家。投資家。起業家。


2009年、リードコンサルティング株式会社設立。

デジタルコンテンツを主軸としたインターネット集客、電子書籍マーケティング、サブスクリプションビジネスのコンサルティング及びコンテンツ販売システム、自動ウェビナー販促システムの提供によるマーケティングオートメーション(MA)の導入支援をおこなう。

ビジネス書作家としても活動。2018年からは投資事業を開始。

著書は『Facebookでお客様をどんどん増やす本』(中経出版/2011年)、『電子書籍を無名でも100万部売る方法』(東洋経済/2012年)、『小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法』(KADOKAWA/2013年)ほか多数。


---------------------------

▲登録商標に関する記述

---------------------------


EVEREST PUBLISHING(エベレスト出版)はリードコンサルティング株式会社の登録商標です。


EVEREST PUBLISHING(エベレスト出版)

登録商標第5596050号

GENRE
Business & Personal Finance
RELEASED
2020
November 1
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
49
Pages
PUBLISHER
小谷川拳次
SELLER
Kenji KOTANIGAWA
SIZE
4.7
MB

More Books by 小谷川拳次

Other Books in This Series