• $0.99

Publisher Description

今こそ、二三流の劇場を歩いているとはいえ、その昔、浅尾里虹の一座には、やはり小屋掛けの野天芝居時代があった。

それでこそ、その名は私たちの耳に、なかなか親しみ深くでもあり、よしんばあの惨劇が起らなかったにしろ、どうしてどうして忘れ去れるものではなかった。

と云うのは、その一座には、日本で一ヶ所と云ってもよい特殊な上演種目があった。それがほかならぬ、流血演劇だったのである。

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
2018
February 7
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
58
Pages
PUBLISHER
Inoolo
SELLER
SUN CHENYANG
SIZE
2.5
MB

More Books by 小栗虫太郎