• CHF 2.00

Beschreibung des Verlags

中島敦は1909年生まれの日本の小説家です。

教師の父の転勤で小学校を3度転校します。また両親の離婚再婚で二人の継母と暮らしました。

第一高等学校に入学して、家を出ますが、湿性肋膜炎のため1年休学。喘息の発作に悩まされながら小説を書き始めます。私立横浜高等女学校(現横浜学園高等学校)の教師時代に多くの作品を執筆。1934年(昭和9年)7月、『虎狩』を『中央公論』新人号に応募して、選外佳作10編に入ります。

1941年にパラオに赴任。『山月記』と『文字禍』(発表時の題は2作まとめて『古譚』)、続けて『光と風と夢』を『文學界』に発表、後者は芥川賞候補となります。 1942年3月、南洋庁を辞職して専業作家生活に入りますが、持病の気管支喘息悪化のため33歳でこの世を去りました。

『李陵』他いくつかの作品は、遺作として没後発表されました。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビのあるなしの違いごとに一作品として紹介しています。

目次

南島譚 幸福
南島譚 夫婦
南島譚 雞
弟子
盈虚
悟浄出世
悟浄歎異
牛人
光と風と夢
十年
河馬
かめれおん日記
環礁
環礁
狐憑
夾竹桃の家の女
鏡花氏の文章
名人伝
文字禍
プウルの傍で
李陵
狼疾記
山月記
セトナ皇子(仮題)
章魚木の下で
斗南先生
虎狩
和歌でない歌
妖氛録

GENRE
Belletristik und Literatur
ERSCHIENEN
2018
14. Juni
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
1,316
Seiten
VERLAG
Micpub.com
GRÖSSE
9.6
 MB

Mehr Bücher von 中島敦

Andere Bücher in dieser Reihe