• CHF 3.00

Beschreibung des Verlags

本書は文章のほかに、プロのナレーターによる朗読音声でもお楽しみいただけます。


源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。

期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、

その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、

日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。


源氏物語第二十六帖常夏(とこなつ)

暑い夏の日、光源氏は親しい公卿たちとともに水辺で涼んでいた。そこへ内大臣の息子たちも訪ねてきたので、源氏は最近噂になっている内大臣が引き取った娘のことについて興味深く尋ねた。


夕暮れになって、源氏は奥へ下がり玉鬘(たまかずら)を呼び寄せる。水辺の若い公卿たちを玉鬘に見せながらも、源氏は玉鬘の実父である内大臣のことを話題にして話した。玉鬘は源氏と内大臣の仲を心配しつつ、琴の名手であるという父の演奏を聞いてみたいと思う。ふと源氏がつまびいた琴の音のすばらしさに感嘆し、玉鬘はいつになく源氏に近寄っていた。ますます玉鬘にひかれていく源氏は、この恋の行き先をどうすればよいかとあれこれ煩悶するのであった。


内大臣が新たに引き取った娘・近江の君(おうみのきみ)の評判は、はなはだよろしくなかった。源氏が探し出した姫君はすばらしいと評判であるのにと内大臣は口惜しく思っていた。


近江の君の待遇に頭を悩ませた内大臣は、近江の君を娘・弘徽殿女御(こきでんのにょご)のそばにおいて、あらためて教育させようと決めてしまう。内大臣が近江の君をたずね、そのことを告げると、近江の君は落ち着きなく早口で一生懸命に応じるが、その様子が滑稽で内大臣もおもわず苦笑してしまうのであった。


さっそく喜んで弘徽殿女御に和歌を送った近江の君であるが、その和歌のおかしさに弘徽殿女御や女房たちは驚き、笑いを隠せない。返歌に困った弘徽殿女御は女房に代筆をさせるが、女房は女御が自身で書いたように似せて返事を書き、そのまま近江の君に届けてしまう。何も知らない近江の君は返事がきたことを喜び、いそいそと弘徽殿女御のもとに行く準備をするのであった。

GENRE
Belletristik und Literatur
ERSCHIENEN
2014
10. Mai
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
21
Seiten
VERLAG
パンローリング株式会社
GRÖSSE
22.4
 MB

Mehr Bücher von 紫式部