• CHF 2.00

Beschreibung des Verlags

梶井基次郎の全集、47作品を掲載しています。

梶井基次郎は日本の小説家で、感覚的なものと知的なものが融合した簡潔な描写と詩情豊かな澄明な文体が特徴でした。

文壇に認められてまもなく、31歳の若さで肺結核でこの世を去りました。

死後次第に評価が高まり、今日では近代日本文学の古典のような位置を占めています。

その作品は散策で目にした風景や自らの身辺を題材にした作品が主ですが、感覚的な側面の強い独自の作品を創り出しています。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビのあるなしの違いごとに一作品として紹介しています。

目次

愛撫
『亞』の回想
青空同人印象記(大正十五年六月號)
「青空語」に寄せて(昭和二年一月號)
『青空』のことなど
ある崖上の感情
ある心の風景
淺見淵君に就いて
小さき良心
泥濘
不幸
冬の蠅
冬の日
編輯後記(昭和二年一月號)
編輯後記(大正十五年三月號)
編輯後記(大正十五年四月號)
編輯後記(大正十五年九月號)
筧の話
過古
川端康成第四短篇集「心中」を主題とせるヴァリエイシヨン
奎吉
器楽的幻覚
講演會 其他(大正十五年二月號)
交尾
Kの昇天
檸檬
矛盾の樣な眞實
のんきな患者
温泉
路上
桜の樹の下には
『戰旗』『文藝戰線』七月號創作評
雪後
『新潮』十月新人號小説評
「親近」と「拒絶」
城のある町にて
詩集『戰爭』
詩二つ
蒼穹
太郎と街
橡の花
橡の花
橡の花
海 断片
闇への書
闇の絵巻
闇の書

GENRE
Belletristik und Literatur
ERSCHIENEN
2018
15. Juni
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
755
Seiten
VERLAG
Micpub.com
GRÖSSE
9.1
 MB

Mehr Bücher von 梶井基次郎

Andere Bücher in dieser Reihe