• CHF 9.00

Beschreibung des Verlags

田舎の村長の一人息子として甘やかされて育った主人公は、両親の離婚を経て親戚中からよりいっそうの愛情を受けることとなる。そんな彼はすでに小さい頃から「アーティスト」になることを決めていた。二十歳も過ぎたある日の午後、いよいよまたとないチャンスがやって来る。彼は愛犬を捕まえて洗濯機に放り込み……。ロンドンにおける鳩の大量死、パリのモンマルトルで観光客に目を光らせるスリたち、大都会東京のある展望台で起きた不思議な出会い、世界を恐怖に陥れたミクロ突然変異体の冒険。人生における不条理な出来事の数々をユーモアと皮肉を込めて描く12編のショートストーリー。

GENRE
Belletristik und Literatur
ERSCHIENEN
2020
2. September
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
56
Seiten
VERLAG
Editions Latines
GRÖSSE
15.6
 MB

Mehr Bücher von Manuel Giron