• CHF 2.50

Beschreibung des Verlags

幻想的かつ怪奇な作風で、日本近代文学の中で唯一無二の存在とされる作家・夢野久作による「近世快人伝」。要らぬ生命ならイクラでも在る、との想いで集まった、頭山満・杉山茂丸・奈良原到の玄洋社の3人。そして博多の魚屋の大将である篠崎仁三郎といった怪人・奇人たちの痛快かつ破天荒な逸話の数々が全編にわたって繰り広げられる!ユーモアと、無茶苦茶なエピソードを見事に描きあげた、夢野久作だから成しえた痛快な人物評伝!

GENRE
Biografien und Memoiren
ERSCHIENEN
2018
16. März
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
140
Seiten
VERLAG
ゴマブックス株式会社
GRÖSSE
640.6
 kB

Mehr Bücher von 夢野久作

2018
2018
2018
2018
2017
2017