斜陽 斜陽

斜‪陽‬

inoolo=日本文学

    • USD 0.99
    • USD 0.99

Descripción editorial

『斜陽』(しゃよう)は、太宰治の長編小説。

『新潮』1947年7月号から10月号まで4回にわたって連載された。同年12月15日、新潮社より刊行された。定価は70円だった。初版発行部数は1万部。すぐさま2版5,000部、3版5,000部、4版1万部と版を重ねベストセラーとなった。

没落していく人々を描いた太宰治の代表作で、没落していく上流階級の人々を指す「斜陽族」という意味の言葉を生みだした。斜陽という言葉にも、国語辞典に「没落」という意味が加えられるほどの影響力があった。太宰治の生家である記念館は、本書の名をとって「斜陽館」と名付けられた。

  • GÉNERO
    Ficción y literatura
    PUBLICADO
    2017
    1 de noviembre
    IDIOMA
    JA
    Japonés
    EXTENSIÓN
    153
    Páginas
    EDITORIAL
    Inoolo
    VENTAS
    SUN CHENYANG
    TAMAÑO
    2.1
    MB

    Más libros de 太宰治

    潘朵拉的盒子【浪漫紀念版】 潘朵拉的盒子【浪漫紀念版】
    2023
    斜阳 斜阳
    2018
    人間失格(四版) 人間失格(四版)
    2021
    離人【珍藏紀念版】 離人【珍藏紀念版】
    2021
    斜陽 斜陽
    2021
    維榮之妻【經典珍藏版】 維榮之妻【經典珍藏版】
    2023