• 1,99 €

Beschreibung des Verlags

小川未明の傑作459作品を掲載しています!

小川未明は明治から昭和にかけて活躍した日本の小説家、童話作家です。
「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれました。
長篇よりも、むしろ短編作品に才能を発揮しました。
童話の代表作としては「金の輪」、「赤い蝋燭と人魚」、「月夜と眼鏡」、「野薔薇」などがあります。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

目次

あほう鳥の鳴く日
愛に就ての問題
赤い鳥
赤い船
赤い船のお客
赤い船とつばめ
赤いガラスの宮殿
赤い姫と黒い皇子
あかい雲
赤い実
赤い蝋燭と人魚
赤い魚と子供
赤い手袋
明るき世界へ
赤土へくる子供たち
野ばら

GENRE
Belletristik und Literatur
ERSCHIENEN
2018
15. Juli
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
5,438
Seiten
VERLAG
Micpub.com
GRÖSSE
18
 MB

Andere Bücher in dieser Reihe