• 4,99 €

Beschreibung des Verlags

権左衛門は成り上がりの商人であるが公家になることを夢見ている。三味線の教師と踊りの師匠の会話で幕を開ける。二人の師匠は権左衛門に音曲を教えている。武術の先生が到着し、3人の師匠はそれぞれの専門を巡って激烈な喧嘩を始める。哲学の教師がもめごとの仲裁に入るが、却って自分が袋叩きに合う。権左衛門は論理学、道徳はあきらめて発音の練習を始める。彼は仕立屋に公家風の服を作らせたり、公家の奥方に言い寄ったりする。妻はそんな権左衛門に腹が立っている。娘の菖蒲と鮎之介との結婚が進まないからだ。公家妄想の権左衛門は見事公家になることができるだろうか?

GENRE
Kultur und Unterhaltung
ERSCHIENEN
2018
28. März
SPRACHE
JA
Japanisch
UMFANG
66
Seiten
VERLAG
中田平
GRÖSSE
667
 kB

Mehr Bücher von 中田平

Andere Bücher in dieser Reihe