• 1,99 €

Description de l’éditeur

桐生悠々の傑作5作品を掲載しています!

桐生悠々は、石川県出身のジャーナリスト、評論家です。

明治末から昭和初期にかけて反権力・反軍的な言論をくりひろげ、特に新聞社勤務時に書いた社説、「関東防空大演習を嗤ふ」は、当時にあって日本の都市防空の脆弱性を正確に指摘したことで知られています。

この社説の中で桐生悠々は、敵機の空襲があったならば木造家屋の多い東京は焦土化し、被害は関東大震災規模に及ぶことを指摘しており、十数年後にそれが現実のものとなりました。

しかし、この社説は陸軍の怒りを買い、桐生悠々は新聞社を退社することとなりました。

目次

言いたい事と言わねばならない事と
科学的新聞記者
関東防空大演習を嗤う
正義の国と人生
煎じ詰めれば

GENRE
Romans et littérature
SORTIE
2018
25 juin
LANGUE
JA
Japonais
LONGUEUR
40
Pages
ÉDITEUR
Micpub.com
TAILLE
7.9
Mo

Autres livres de cette série