• 2,99 €

Description de l’éditeur

花が嘘を誘うのだろうか。美しい女性から美しい嘘がひとつ、誕生する


小説を書かせようとするエディターがいて、小説を書こうとする女性がいて、その彼女の心と体のストーリーを「ぼく」が記述する。

一つ屋根の下、ドアのむこうとこちらで進行する長編「ドアの遠近法」に、短編4作品を加えてお届けする「Boot up」シリーズ第1弾。


【目次】

ドアの遠近法

信号を左折する

永久緑色

朝食を作るにあたって

あの少年の妹


【著者】

片岡義男

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

GENRE
Romans et littérature
SORTIE
2016
22 décembre
LANGUE
JA
Japonais
LONGUEUR
297
Pages
ÉDITEUR
株式会社ボイジャー
TAILLE
971.9
Ko

Plus de livres par 片岡義男 & 片岡義男.com編集部