• £7.49

Publisher Description

Bilingual Edition: English with Japanese 英語および日本語 



“Mandy and Allie” is a true story 

Mandy and Allie is about real characters that live in a real town in Canada called Uxbridge. A story friendship between a shi tzu puppy and an orphaned pigeon unfolds against the backdrop of life in the countryside of Uxbridge, filled with wild turkeys, woodpeckers, crabapple trees, and lilac bushes. On its face, Mandy and Allie is an easy-to-read story for children and parents to enjoy together. 


The Lesson 

Mandy and Allie is a case study, written for children who are beginning to read. Thought to be the first of its kind in Japan, the idea of using a case study to achieve a teaching objective for children was conceived in response to the man-made problems that arose during the cataclysm of March 11, 2011. Mandy and Allie exposes children to their first lesson in logical reasoning. In the reality of the book’s ending, the characters encounter humankind’s most profound mystery. This situation is used to teach children about a fundamental human bias that impedes logical thought and influences how we decide during our entire lives, from tot to aged. 


Who is it written for? 

Children aged 5 to 7 and their parents. 


IMPORTANT NOTE: "Mandy and Allie" is an illustrated book in English and Japanese. It contains ONLY English and Japanese. However, the "Teaching notes for parents contains the entire text of the "Mandy and Allie" story in ten languages, as well as instructor's manual in ten languages. 


Mandy and Allie: Teaching Notes for Parents 

An instruction manual called "Teaching Notes for Parents" is available for purchase separately. "Mandy and Allie: Teaching Notes for Parents" has the full text of the "Mandy and Allie" book and all the notes for parents in ten languages: Arabic, Greek, English, Hindi, Indonesian, Japanese, Mandarin, Portuguese, Spanish, and Thai. "Mandy and Allie: Teaching Notes for Parents" has exercises for parent and child, and teachers and groups. You will also find learning objectives, a wealth of background information on the characters of the story, the teaching approach, and a description of the amazing events that led to the creation of Mandy and Allie. 


「マンディとアリー」は実話です。 

「マンディとアリー」は、カナダのアクスブリッジという町に実在するキャラクターが登場するストーリーです。シーズーの子犬と親をなくした鳩の友情の物語が、野生のリンゴやライラックの木が立ち並び、七面鳥やキツツキもたくさん暮らしているカナダの田舎町アクスブリッジを舞台に展開します。「マンディとアリー」は、子供も保護者も一緒に楽しめる、読みやすい絵本です。 


伝えたいこと 

「マンディとアリー」は、本を読むことができるようになったばかりの子供たちのためのケーススタディでもあります。子供たちの学習目標を達成するためにケーススタディを活用するという考え方は、日本では新しいものです。この絵本は2011年3月11日に発生した大震災と原発事故をきっかけにして生まれました。「マンディとアリー」は、論理的な思考をはじめて学ぶ子供たちのための教科書です。物語の最後では、マンディとアリーは人間の最も大きな謎に直面します。人間は基本的に、老いも若きも、ものごとの決断において論理的な思考よりも先入観を優先させてしまう、というのが、このストーリーを通じて子供たちに伝えようとしているメッセージです。 


対象読者 

5〜7歳の子供とその保護者 


注意事項: 

「マンディとアリー」は英語と日本語で書かれた絵本です。英語と日本語以外の言語では書かれていません。ただし、「保護者向け指導用注解」には「マンディとアリー」のストーリー全文と指導用マニュアルが10カ国語で収録されています。 


マンディとアリー:保護者向け指導用注解 

絵本「マンディとアリー」には指導用マニュアル「マンディとアリー:保護者向け指導用注解」がついています。マニュアルのみの購入も可能です。「マンディとアリー:保護者向け指導用注解」には絵本「マンディとアリー」のストーリー全文と保護者向けの注解がアラビア語、ギリシャ語、英語、ヒンドゥー語、インドネシア語、日本語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語の10カ国語で収録されています。「マンディとアリー:保護者向け指導用注解」には保護者や子供たち、教師、団体向けの練習問題も収録されています。学習目標や指導法、絵本に登場するキャラクターたちの詳しい情報、さらには絵本「マンディとアリー」が生まれるきっかけとなった素晴らしい出来事についても紹介しています。

GENRE
Kids
RELEASED
2016
January 8
LANGUAGE
EN
English
LENGTH
61
Pages
PUBLISHER
The Moneo Company
SIZE
67.6
MB

More Books by Mark Lee Ford & András Balogh