新・平家物語 23.静の巻(後半)~吉川英治朗読文庫より 新・平家物語 23.静の巻(後半)~吉川英治朗読文庫より

新・平家物語 23.静の巻(後半)~吉川英治朗読文庫よ‪り‬

    • 9,99 €

    • 9,99 €

Descrizione dell’editore

吉野山中で義経一行と別れた静はついに捕えられ、取り調べを受けるべく母とともに鎌倉に送られる。静は義経の子を身ごもっていたのであった。義経は後白河による頼朝へのとりなしを最後の望みとして逃亡を続けるが、接触の機会を得られないまま、佐藤忠信ら股肱の臣を次々と失ってゆく。また、悪運強く生き延びてきた新宮十郎行家も、ついに最期を迎える。その後半。

【収録章】出生届/ものいわぬ四方の獸すらだにも/非情有情/猫と名月/大原御幸/月の輪の外/大原御幸・その二/おん素顔/霧の跫音/六道/変化競べ時代/不死身の人/今年の盂蘭盆/薊と忠信/文覚草履/白い狗ころ/紺掻き功徳/吉田の沙汰/獅子身仏心/こだま

GENERE
Classici
NARRATO DA
平田直樹
LINGUA
JA
Giapponese
DURATA
04:16
h min
PUBBLICATO
2013
1 ottobre
EDITORE
文聞舎
DIMENSIONE
255,8
MB