• ¥2,750

発行者による作品情報

あなたが「しあわせ」を感じられないのは、罪悪感のせいかもしれない

自分をゆるせれば、生きることがラクになる

反響続々!

「読んでいて涙が止まらなかった」

「誰かのために自分を変えるのではなく、自分のしあわせのために自分をゆるそうと思った」

「罪悪感まみれの人生だったけど、愛ゆえにこんなにも苦しんでたんですね」

「自分の歩んできた人生が書かれているような気がしました」

「自分自身が自分を一番傷つけて許せていなかったんですね……」

「自分の心の世界に光が当たるような一冊。この本を相棒に、少しずつ罪悪感から解放されていきたい」

つぎのようなことに、思いあたる節はありませんか?

□他人の期待に過剰に応えようとしてしまう

□自分と仲良くしてくれる人に、どこか申し訳なく思う

□過去に自分がしたことで後悔していることがある

□仕事や恋愛を頑張っているのに、報われない

□うまくいかない恋愛ばかり選んでしまう

□子どもを深く愛しているのに、やたら怒ってしまう

□自分の子育てに自信が持てない

□なにかと自分を責めて「ダメ出し」してしまう

□つい責任転嫁してしまう

これらの気持ちの裏にはすべて、「罪悪感」という感情があります。もし、今「自分はしあわせではない」と思うなら、そこに罪悪感が存在している可能性があります。「罪悪感」とは、ひとことで言うと、「自分が悪い」「自分のせいだ」と感じる感情のこと。

そして、多かれ少なかれ、人は誰でもこの罪悪感を感じながら生きています。本書は、約20年にわたって1万5千件以上のカウンセリングを実践し、年間100本の講座やセミナーを実施している人気心理カウンセラー・根本裕幸氏が、長年にわたって着目してきた「罪悪感」という感情の発生のしくみとつき合い方について、ていねいにひもといてく本です。罪悪感という感情の最大の特徴は、自分がしあわせになることを許さないように導くことです。

あえて自分を傷つけ、苦しめ、しあわせではない状況を引き寄せます。しかし、明らかにだれかを傷つけてしまったというような、わかりやすい罪悪感ならば自覚できるけれど、たいていの場合は、自分に罪悪感があるということに気づいていないケースがとても多い、と著者は言います。本書では、自分のかかえている罪悪感に気づき、なぜその罪悪感が発生しているかを解き明かし、最終的には自分で自分をゆるし、癒すことを目指していきます。

ジャンル
自己啓発
ナレーター
松浦 このみ
ページ数
04:41
時間
発売日
2020
3月19日
発行者
ディスカヴァー・トゥエンティワン
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
230
MB