• ¥560

発行者による作品情報

若かりし日、平蔵をヒモとしていたおろく。 ・・・・「年をとっても、むかしは仙台堀のおろくとよばれて男ごろしの異名をとったおれだ。何をやってもすかさねえわさ」・・・・ おろくは、おもんを助手にして新しい仕事をやりはじめた。―鬼平犯科帳より―(時代小説)

ジャンル
フィクション
ナレーター
神谷 尚武
ページ数
01:05
時間
発売日
2015
6月15日
発行者
ことのは出版
提供元
Audible.com
言語
EN
英語
サイズ
38
MB

リスナーはこちらも購入しています