• ¥306

発行者による作品情報

「私はダニエル・アプトン。親友エドワード・ダービィの死について、真実を語ろう。私たちふたりのあいだには、様々のことが起こり、確かに私は親友の頭に六発の弾丸を撃ち込んだ。だがそれでも私はこの告白によって、彼を殺したのは私でないことを示したい。」H・P・ラヴクラフトが源流を作った「クトゥルー神話」の一部と見なされる短編。(C)PanRolling

ジャンル
ミステリー
ナレーター
大橋 俊夫
ページ数
01:50
時間
発売日
2018年
5月15日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
87.9
MB

カスタマーレビュー

蛇さん。

聞き応え抜群、巧みな朗読に引き込まれる

たった300円で良い買い物をしたと思っている。クトゥルー神話の予備知識がなくても全く問題ない。

地の文を淡々と読み進めていく前半、じっとり纏わり付く趣あり。良くも悪くも英文和訳らしい、ほんの僅か不自然な感じの文体が、プロの朗読により臨場感たっぷりに響く。
会話文の増える後半、迫真の演技に息を呑む。錯乱した男の取り留めない台詞回し、主人公の怒りの独白、すべて見事というほかない。前半から一転した盛り上がりっぷり、メリハリがついて飽きさせない。

1トラックあたりの時間もいい感じなので、通勤時間や昼休みを使ってキリのいいところまで聴けるのも魅力。

もっとオリジナルを聴きたい!

ゾッとする恐怖

ホラー系を探していて、怪談もの等も多く買いましたが一番期待していなかったこれが一番怖かった。
単に声に惚れた、というのが大きくて、寝しなにこの落ち着いた声の朗読を聴きたいと思って買いました。
どうせ大昔の小説だし、クラシカルな魅力はあっても恐怖という点では大した事なかろうと思っていたんですが
構成の上手さや巧みな展開、想像力を刺激する表現力に、久しぶりに「ゾッ」とさせられました。
また朗読も声が良いだけでなく聴く者を「ゾッ」とさせる緩急や抑揚、また鬼気迫る演技力があり、大満足でした。

teabreakt

しっとりした声がいい♪

とても、しっとりした低音の声に魅入られました。
作品自体は全く知りませんでしたが、声だけで聴いてみようという気になったのは不思議です。
これからも、いろいろな作品を出していただけると嬉しいです。

リスナーはこちらも購入しています