• ¥713

発行者による作品情報

ヤマタノオロチ、因幡のしろうさぎ、ウミサチ・ヤマサチ・・・こんなお話だったんだ!日本の国や神々が生まれた神代の時代から、ヤマトタケルの物語までを、50の短いエピソードに分け、それぞれを独立した物語としても楽しく読めるようにしました。世界の始まりとともに誕生した神々は、やがて子孫をつくります。天上界から地上に降りてきた神は、代を重ねていくうちに、ごく自然に神という属性を失って、ひととなっていきます。その間に起きたさまざまな出来事に、笑い、怒り、泣き、悲しみます。そうして、最初は神しか存在しなかった日本という国が、いつしかひとが暮らす国となっていく。世界の神話のなかでも独特の個性を持った日本の神話を、どうぞお楽しみください。 ※本商品は「世界一おもしろい日本神話の物語」(こう書房刊 鳥遊まき著 ISBN:4-7696-0887-X 224頁 1,365円(税込))をオーディオ化したものです。(C)M.Takanasi 2006

ジャンル
名作
ナレーター
鈴木ゆうじ
ページ数
04:21
時間
発売日
2007年
7月27日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
88.7
MB

カスタマーレビュー

BH1994

質問があります。

僕は日本/カナダ人なのでハーフです。それと僕の日本語のレベルはだいたい小3~4年生です。それでもこのオーディオブックを聞いて理解できると思いますか?今プリビューを聞いて言葉一つしかわかりませんでした。皆さんの答えを聞きたいです。ありがとうございます。

酢牡蠣アタル

課金の価値なし

課金をしてオーディオブックにアップしているのに読み間違いの編集不足や地名の間違いなど聞いていて頭にきた。1,200円も払って損をした。

kusaya

オーディオブックでは・・・。

話が込み入っていて、複雑すぎる。

創造的なシーンも多くおもしろくもあるがオーディオブックではちょっと。。。
漫画本とかだとおもしろそう。

リスナーはこちらも購入しています