• ¥458

発行者による作品情報

内容紹介

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。

その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。





一年半前、博奕打ちの娘であるおつやとのかけおちに失敗した半七は、おつやを無理やり横取りしたやくざの金次を殺すために江戸に舞い戻る。しかし、そんな半七を、千住からずっと跟けてくる男がいた。通りがかった寺の墓地に墓参りのふりをして入って行った半七は、そこで一人の老女と運命的な出会いをするのだった。

どす黒くゆがんだ感情を抱え、まるで目の前すら見えない夕靄の中をずっと歩いてきたかのような半七の心を、一つの出会いが変えていく————。

ジャンル
フィクション
ナレーター
楠木 華子
ページ数
00:39
時間
発売日
2020
9月3日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
33.4
MB