• ¥1,630

発行者による作品情報

実説 城谷怪談

老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。

幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。

そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。



内容紹介

「次はお前」(28分)

小金井さんは交際していたユリさんと結婚を前提に同棲を始めたばかり。

夜床に就いて少しするとユリさんがよくうなされるようになったという。

同棲して三カ月経った十二月某日、帰宅した部屋にユリさんの姿はなかった。 出かけているのかと思ったが風呂場から音が聞えたので小金井さんは特に不信感はなかったのだが...。



「仲良し」(23分)

娘が学校でいじめを受けていたらしいことが引っ越しの主たるきっかけだった。

不登校を繰り返すようになった頃、事は深刻で止むなく環境を変えることにした。 引っ越して明るさを取り戻したのだが、 帰宅すると自室にこもる行動は癖になってしまっていたようだった。



「響く」(27分)

事故物件という言葉がまだ浸透していない頃、ユウキさんは隣室から聞こえてくる深夜の騒音に悩まされていた。

トラブルを避けるため管理会社に中継してもらう形でクレームを入れるが、管理会社は 「注意を致します」というばかりで事態に変化は見られなかった。

日増しに大きくなる騒音に限界を感じていた頃、偶然隣室の住人と顔を合わせてしまうのだが...。



「ミイラ取り」(29分)

ある時期、好きなもの同士が集まって心霊スポットや、曰くのある場所に出向いて写真や動画を撮影するのを趣味にしていたそうだ。 中でもコージさんは目立ちたがりで、もっともっとがエスカレート。 一人であちこち出かけ武勇伝を語って聞かせるという有様だった。

しかしある日、 出かけたまま帰らず変わり果てた姿で発見されることになる。遺品であるデジカメに残されていた映像には...。

ジャンル
アート/エンターテインメント
ナレーター
城谷歩
ページ数
01:49
時間
発売日
2020
1月16日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
78.9
MB