• ¥458

発行者による作品情報

郷田三郎は、学校を出てからも親からの仕送りで暮らしている。どの仕事も、どんな娯楽も面白いとは思えずやめてしまい、下宿も転々としている有様だ。それが、友人の紹介で明智小五郎を知ってから、彼は「犯罪」に言い知れぬ魅力を覚え始める。そんな中、今度移った東栄館という新築の下宿屋の2階で、彼はある楽しみを見出した。それが、『屋根裏の散歩』だった。押し入れの天井板から上って屋根裏伝いに、2階に住む二十人もの下宿人の意外な姿を盗み見ることができる。会社員、相場師、運動選手、女画学生――彼らの知られざる生活や複雑な人間関係を覗く事が、この上ない快楽となった。 ある日、ちょっとしたきっかけ以来虫が好かなかった遠藤が大口をあけて寝ているのを屋根裏で発見した彼は、自分の中に芽生えた、あるとてつもない「犯罪(殺意)」に夢想して興奮する。やがてそれを実行に移すのだが・・・。名探偵、明智小五郎とのスリルあるやりとりが物語を終焉へと誘っていく。(C)wis

ジャンル
フィクション
ナレーター
wis
ページ数
02:06
時間
発売日
2010
10月6日
発行者
マインドピースパブリッシング
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
126.2
MB

カスタマーレビュー

mine1663

長さよりも朗読の良さと心地よさ

wisさんの朗読作品はほとんどストアで購入しました。
Podcastは朗読者のwisさんのサイトの方がはるかに作品の数は桁違い圧倒的にあります。
朗読の素晴らしさは、プロ以上で、オーディブルよりも音質は格段に良く、長い作品はたくさんあります。
私は、朗読の長さよりも作品と朗読力の良さが重要だと感じています。
もちろん購入する際は価格と長さは比較要素になりますが、私は朗読力と朗読者の力量などできめています。

真夜中のトラックドライバー

定番の面白さ

原作は江戸川乱歩作品の中でも秀作の部類に入っていると思います。
朗読者のストーリーを盛り上げる表現力が魅力でした。

Miiu

微妙だった

推理物とか好きだけど、これは結果が大体予想ついた。
時間的には2時間分あるから、値段を考えたら「まぁ、いいか」って感じです。

リスナーはこちらも購入しています