• ¥306

発行者による作品情報

様々な分野で活躍するタレントや声優が名作文学のハイライトシーンを朗読します。 NHKラジオ第1「きらり10代!名作を読もう」で放送され、好評を得た作品がオーディオブックに登場! 朗読は山寺宏一さん。主な出演作:「おはスタ(メイン司会)」、洋画吹き替え「アポロ13(トム・ハンクス)」ほか

ジャンル
フィクション
ナレーター
Koichi Yamadera
ページ数
00:08
時間
発売日
2015
6月22日
発行者
NHKサービスセンター
提供元
Audible.com
言語
EN
英語
サイズ
4.3
MB

カスタマーレビュー

ローマ

わずか9分しかないのが残念

山ちゃんの朗読は本当に素晴らしい!
何度聴いてもおもしろい。うっかり声を出して笑ってしまうこともあるほどです。
最後に山ちゃんの感想が入ってるのですが、それを聴いて宮沢賢治の作品の魅力に改めて気付かされました。
たしかに「ぐんぐんセロを弾く」とか「てんてん頭を下げる」とか独特の表現ですよね。
最初から最後まで作品を朗読しているのではなく、部分的に朗読しているだけなのでそこが残念です。
値段が高くなってもいいから全部朗読して欲しかった。

こぽんこ

サイコー!!

さすが、山さん!!といってしまうくらいです
この人が読んでくれるんですもん
本当に面白いですよ

宮沢賢治ファン

朗読は最高だが…

さすが山寺宏一さんです。良い意味でも悪い意味でも山寺さんの世界が広がります。
朗読者によって印象やニュアンスが変わる事を改めて実感できます。
この朗読で唯一の泣き所は、全編の朗読でなく部分的に掻い摘んでいるだけというところ。

内容的には、カッコウのくだりのみの朗読です。

有名な方の朗読にしては安いなと思いましたが、残念で仕方ないです。
お金を出せば全編を聴けるなら喜んで払うのですが、本当に残念です。

リスナーはこちらも購入しています