山月記 山月記

山月‪記‬

    • ¥560

    • ¥560

発行者による作品情報

隴西の李徴は若くして位の高い役人となり、天才とされていた。
しかし、彼はその地位に満足できず、詩家として死後100年に名を残そうと思い、職を辞した。
その後、自らの詩作に絶望し、生活の困窮から再び官職につくことになったが、彼は、その生活を屈辱的に感じ、ついに発狂して行方知れずとなった。

李徴の数少ない友達だった袁サン(『サン』は人偏に「参」の旧字体)は、翌年、嶺南に向かう途中、人食い虎の出るという地に赴いた。

危険を顧みずに進む袁サンの前に現れた1匹の虎。
それは姿を変えた李徴であった。

ナレーター
ささき のぞみ
言語
EN
英語
ページ数
00:33
時間
発売日
2015年
6月10日
発行者
オトバンク
提供元
Audible.com
サイズ
21.5
MB