株式投資で勝つための指標が1冊でわかる‪本‬

    • ¥968

    • ¥968

発行者による作品情報

コロナ禍の中、2021年2月16日の日経平均株価の終値は3万467円75銭をつけた。実に、約30年6カ月ぶりの高値だ。
このニュースを見て、「株を買おうかな」と思った人もいるのではないだろうか。しかし、相場が上がっているときに株を買うと「高値づかみ」をして損をしてしまう可能性がある。
アマチュアが株式投資で勝つためには、相場が下がっているときに、割安の優良企業の株を購入し、長期保有するのが鉄則だ。
今が、相場が下がっている「買いどき」かどうかを判断するには、普段から「経済分析」をしておく必要がある。本書では、コロナ禍の影響を受けた日本経済、そして、日本経済に影響を及ぼすアメリカや中国、欧州の経済を、景気指標をもとに分析する。果たして、今は「買いどき」なのだろうか?
そして、安定性・収益性・将来性のある優良企業かどうかは、財務諸表をもとに「企業分析」をすることで判断できる。初心者にもわかりやすく、分析方法を解説する。
さらに、その企業の株価が割安か、割高かを判断するのための「株価分析」の方法も、実際の企業を例に挙げながら解説する。
投資信託を選ぶ際にチェックするべき指標も紹介。

『図解「PERって何?」という人のための投資指標の教科書』を全面改訂・新書化

ジャンル
ビジネス
ナレーター
西貴輝
言語
JA
日本語
ページ数
07:13
時間
発売日
2022年
8月7日
発行者
PHP研究所
サイズ
444.4
MB