• ¥750

発行者による作品情報

「絵のない絵本」は連作短編小説、あるいは散文詩集というべきもので、屋根裏に住む貧しい画家に、幼なじみの月が、夜々訪れてきて、自分の見たことを語ったのを、画家が書きとめた形式になっていますが、これは彼の実際の経験から思いついたものだそうです。 少年時代のアンデルセンは、遅ればせながらにラテン語学校の給費生になりましたが、卒業を前にして、いろいろの悩みでひどい神経衰弱になり、退学してしまいます。そしてコペンハーゲンに帰って屋根裏に下宿して大学の入試にそなえながら、彼の最も苦しい時期を送ります。このときに一夜、窓の外に幼なじみの月を見出してなぐさめられたのだそうです。 題材は、「旅することは生きること!旅の生活は私にとって最上の学校だった」と言い、生涯を旅から旅に過ごしたアンデルセンらしく、インドやグリーンランドやパリやローマ、さてはサハラ砂漠と、世界各地から拾い集めてあります。主調をなすものは、無邪気なもの、若わかしいものの賛美と、寂しく生きて死んでゆく無名の人々への深い同情でしょうか。これは、彼の童話に通じる心情でしょう。いずれも、手の中に入りそうな短編ですが、誰かが「クルミの殻の中のホメロス」と評したように、すぐれた人生の断面をさりげなく描いて、無限の慈味をたたえています。(童心社 絵本「絵のない絵本/山室静訳」岩崎ちひろ画 昭和61年3月1日第60刷発行)あとがき『絵のない絵本」の背景/訳者著より抜粋)

ジャンル
キッズ/ヤングアダルト
ナレーター
wis
ページ数
02:43
時間
発売日
2010
10月8日
発行者
マインドピースパブリッシング
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
162.1
MB

リスナーはこちらも購入しています