• ¥950

発行者による作品情報

ロシアの文豪・ドストエフスキーの代表作『罪と罰』の下巻が登場です。

『罪と罰〈上〉』、『罪と罰〈中〉』はこちらから。
また、3巻セットも発売中です。


ルージンの卑劣な工作により窮地に立たされたソーニャ。
ラスコーリニコフは彼女を弁護し、その後ついに自分の犯した罪を告白する。
苦しみによって自分をあがなうことを訴えるソーニャの言葉に、ラスコーリニコフの中で何かが目覚める。
「もしかすると、ぼくはまだ人間で、しらみではないのかもしれない…」

遂に、物語はクライマックスを迎えます。
ドストエフスキーの世界を最後まで、じっくりとお楽しみください。

ジャンル
名作
ナレーター
茶川亜郎
ページ数
12:53
時間
発売日
2017
12月26日
発行者
岩波書店
言語
JA
日本語
サイズ
705.1
MB

リスナーはこちらも購入しています