• ¥560

発行者による作品情報

鼠小僧次郎吉、言わずと知れた義賊です。博打帰りに汐留の船宿で船頭と女将相手に雪見酒を飲んでいると、素足にわらじばき、寒そうななりの蜆売りの小僧が通りかかります、不憫に思い蜆を買い上げて身の上話を聞くと、以前自分が助けたことのある娘の身内であることが判明。よかれと思って助けたことが仇になり、貧乏な生活を送っているとのこと、さてどうする次郎吉!丁寧な描写で江戸時代の雰囲気が目の当たりに浮かびます。2009年春「金原亭伯楽落語会」上野鈴本演芸場における一席です。師匠を語るシリーズ「金原亭伯楽が語る十代目金原亭馬生」も好評配信中。(C)2012サウンドマン

ジャンル
コメディ
ナレーター
金原亭伯楽
ページ数
00:43
時間
発売日
2015年
7月9日
発行者
サウンドマン
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
34.7
MB

リスナーはこちらも購入しています