• ¥2,444

発行者による作品情報

邪馬台国は、どこにあったのか? そして、女王卑弥呼の正体とは?

その答えは「魏志倭人伝」、考古学的資料、国内分権の三元連立方程式の解にある。100の角度から日本古代史の謎を解き明かす。
「倭人は帯方の東南大海の中に在り、山島に依りて国邑を為す。……」で始まる「魏志倭人伝」に記された、わずか一語をめぐって、邪馬台国は日本古代最大の謎となった。しかし専門家・アマチュア研究家入り乱れて膨大な論争の果てに得られた定説は、ごくわずかに過ぎない。堂々巡りの邪馬台国論争の論点を整理し、東アジア全体の視点と記紀神話の再評価を通して、永遠の謎を解明する。

目次
はじめに
第1章 倭人登場 (第1問~第20問)
第2章 「魏志倭人伝」の読み方 (第21問~第40問)
第3章 邪馬台国の所在地 (第41問~第55問)
第4章 女王卑弥呼の正体 (第56問~第75問)
第5章 それからの邪馬台国 (第76問~第100問)

杉並良太郎(すぎなみ・りょうたろう)
1956年宮城県生まれ。東京大学文学部卒業。作家。漫画原作者。
雑誌・単行本などの編集の傍ら、歴史ドキュメント、コミックシナリオをはじめ、さまざまな分野で執筆活動を行う。主な著書に「信長殺しの犯人は秀吉だった!」(徳間ブックス)「恐竜のひみつ最新もの知り大事典」(小学館)「忠臣蔵100問勝負」(出窓社)などがある。

歴史文化100問委員会
歴史と文化の面白さを分かりやすく伝えることを研究テーマとする研究者・作家・編集者の集団。

ジャンル
歴史
ナレーター
那波一寿
ページ数
06:14
時間
発売日
2015
7月9日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
264.3
MB

カスタマーレビュー

六本木サンディー

フルダウンロードできません。。。

2回購入して2回ともフルダウンロードできません。。。

リスナーはこちらも購入しています