鉄鎚 鉄鎚

鉄‪鎚‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥1,273

    • ¥1,273

発行者による作品情報

――ホントウの悪魔というものはこの世界に居るものか居ないものか――

――居るとすればその悪魔は、どのような姿をしてドンナ処に潜み隠れているものなのか――

――その悪魔はソモソモ如何なる因縁によって胎生しつつ、どのような栄養物を摂(と)って生長して行くものなのか――

――その害悪と冷笑とを逞ましくし行く手段は如何――

かような質問に対して躊躇せずに答え得る人間は、そう余計には居るまいと思う。然るに私はまだヤット二十歳になったばかしの青二才である。だから聖人でも哲学者でもない筈であるが、しかしこの問いに対しては明白に答え得る確信を持っている。

――ホントウの悪魔とは、自分を悪魔と思っていない人間を指して云うのである――自分では夢にも気付かないまんまに、他人の幸福や生命をあらゆる残忍な方法で否定しながら、平気の平左で白昼の大道を濶歩して行くものが、ホントウの悪魔でなければならぬ――

――だから本当の悪魔というものは誰の眼にも止まらないで存在しているのだ――

――そのような悪魔の現実社会に於ける生活とか、仕事とかいうものが如何に戦慄すべきものがあるかという事なぞも、滅多に考えられた事がないのだ――


「あいつは悪魔だ。お前と俺の生涯をドン底まで呪って来た奴だ。今度彼奴に会ったら、鉄鎚で脳天を喰らわしてやるんだぞ。いいか。忘れるなよ」

親父は私にこう云って聞かせるたんびに、その悪魔が眼の前に坐っているかのように、鼻の先の薄暗い空間を睨み付けてギリギリと歯ぎしりをしながら、手を振り上げて鉄鎚をグワンと打ちおろす真似をして見せる事もあったが、その顔の方がよっぽど恐ろしくて、悪魔ソックリに見えたので、私はいつも子供心に一種の滑稽味を感じさせられた。親父は悪魔を取り違えているのじゃないか知らんと思って……

親父が悪魔と云っているのは、親父の実の弟で、私にとってはタッタ一人の叔父に当る、児島良平という男であった……


夢野久作


日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。1889年(明治22年)1月4日-1936年(昭和11年)3月11日。他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。

ジャンル
ミステリー
ナレーター
野口 晃
言語
JA
日本語
ページ数
01:54
時間
発売日
2017年
3月23日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
サイズ
93.1
MB