• ¥1,273

発行者による作品情報

あなたの会社の主力事業が10年後消えるとしたら?
フィルムカメラからデジタルカメラへの変化する中、「第2の創業」とも称される奇跡的な事業転換を成し遂げた
富士フイルムの舞台裏を、現会長の古森氏が明かす人気作が、オーディオブックで登場!

危機に直面し、それを克服して会社を存続させたリーダーの経営哲学に迫る一冊です。

2000年にアメリカのイーストマン・コダックを抜き去り、写真フィルム市場で頂点に立った富士フイルム。
しかしその10年後の2010年には売上が何と1/10以下に激減します。

フィルムカメラからデジタルカメラへ転換が起こり、写真フィルムの需要が一気に蒸発してしまったのです。

トップを争っていたコダックは2012年に米国連邦破産法11条の適用を申請し、倒産手続きを開始。
一方、富士フイルムは、業界構造の大転換に襲われながらも、「第2の創業」とも称される奇跡的な事業転換を成し遂げ、
医療分野やコピー機などイメージング分野に主軸を移して、今なお屈指の優良企業として名を馳せています。

コダックと命運を分けた、その違いとは何だったのでしょうか。

その陰には一人の男の存在がありました。
写真フィルム分野絶頂期の2000年に社長に就任し、市場が縮小しつつある中で奇跡的な事業転換を成し遂げ、
現在富士フイルムホールディングスの代表取締役会長兼CEOを務める古森重隆氏です。

本作品では古森流経営改革の全貌とそれを支えた経営哲学が、当時の状況を交えながら余すところなく語られます。

かつてのような経済成長が見込めない今だからこそ、
古森氏がどのように危機を克服してきたのかは、一聴に値するでしょう。

どのように事業転換を成し遂げたかのケースブックとして、
そして改革を成し遂げるリーダーのありかたの指南書として、変化に立ち向かうあなたの助けになることでしょう。

ジャンル
ビジネス
ナレーター
茶川亜郎
ページ数
05:38
時間
発売日
2016
3月4日
発行者
東洋経済新報社
言語
JA
日本語
サイズ
300.2
MB