• ¥1,050

発行者による作品情報

ドラッカーといえば、まず思い浮かぶのが「マネジメント」。「経営学」の権威であり、ビジネスマン必読の著作を多く出していますが、その数、実に40冊以上。日本では2010年に「マネジメント」ブームが起きたことで記憶に新しい方もいるでしょう。本オーディオブックでは、ドラッカーという名前は知っているけれど、実は今まで一度も著作を読んだことの無い方にも、ずいぶんと昔に数冊読んだけれど、もう忘れてしまっている方にもオススメしたいドラッカーのエッセンシャル版です。厳選された10冊の著作の中から、さらに選び抜かれた77の至言を、コンサルタントとして数多くの民間企業で活躍し、現在は大学院で教鞭をとる西村克己氏が紹介。あの有名な「マネジメント」や「断絶の時代」、「ネクスト・ソサエティ」に「プロフェッショナルの条件」まで余すところなく網羅しているので、ここから他の著作に手を伸ばすもよし、じっくり聴き込んで実践するのも良しの充実した内容となっています。[至言一例]・意見の一致でなく、不一致を見出さなければならない。・エグゼクティブとは行動する者であり、物事をなす者である。・真に重要なことは趨勢ではない。変化である。・知識ある者は、常に理解されるように努力する責任がある。・「私は」といわずに、「我々は」と考え、「我々は」ということである。-出版社からのコメント-本書は、ビジネス界の巨人のメッセージを個紹介する「語録集」シリーズである。世界のビジネスのカリスマたちのメッセージを通して、一流の働き方や生き方、そして仕事のノウハウを学ぶことができる。ほんの1分で、1つのメッセージとその解説を読み終えることができ、毎日の仕事に活かせるようまとめられている。(目次)第1章 「仕事」の最大効率を知る言葉/第2章 「自分」の最強能力が高まる言葉/第3章 「人」の最善活用ができる言葉/第4章 「変化」に最速適応をする言葉/第5章 「学び」を最高水準に保つ言葉/第6章 「組織」に最適形態を導く言葉/第7章 「創造」の最前線をになう言葉/第8章 「意思」の最終決定を誤らない言葉

ジャンル
ビジネス
ナレーター
大橋俊夫
ページ数
03:03
時間
発売日
2013
12月16日
発行者
パンローリング株式会社
提供元
Audible.com
言語
EN
英語
サイズ
146.3
MB

カスタマーレビュー

北の虎

背筋が伸びます

本で読むのとはまた違った感動が起こりました。
ゆったりとした朗読なので、余計に感性が揺さぶられます。
至極の時間が過ぎていきます。
CDのを購入したのですが、iTuneに読み込んでも、iPhoneに転送できず、ダウンロード版を別に購入しました。
CD版はいらなかった。

baby1592

イチローが非力?

萎えた
共感出来ない

リスナーはこちらも購入しています