• ¥1,600

発行者による作品情報

「東京バンドワゴン」シリーズの著者が贈る、レトロで心温まる連作短篇ミステリー。

1971年。元刑事・蓑島周平と元医者・花の夫婦の駐在生活も板についてきた頃。新たな仲間、柴犬のミルも加わりのんびりした生活……と思いきや、相変わらず事件の種はつきないようで――。平和(なはず)の田舎町を、駐在夫婦が駆け回る!

日曜日の雪は、落とし物
子どもたちが作った雪だるまが……歩いていなくなった?

木曜日の滝は、逃亡者
指名手配犯の目撃情報が! 見つかった場所は――?

土曜日の涙は、霊能者
村を騒がせる自称霊能者の女性。彼女の目的は?

火曜日の愛は、銃弾
兄弟喧嘩があわや殺人事件に。その悲しき真相とは?

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2019
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

小路幸也の他のブック