• ¥300

発行者による作品情報

「入ってきて」と彼女は言った


『夏と少年の短篇』(ハヤカワ文庫)所収の1篇。

18歳の少年にとっての、もっとも鮮やかな瞬間を切り取っている。

最初は、バッタリと道で遭い、そのままプールへ。

2度目は、ちゃんと約束をして海岸へ。

少年と少女の輝かしい季節のエピソード。

プールでは、まるでそれが自分のものであるかのように

少女は少年に向かって何度も(プールへ)「ねえ、入ってきて」と言う。

そして海岸では、少女が一度やってみたかったという夢を、あっさり実現させる。

完璧な夏は、この小説の中にある。


【著者】

片岡義男

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

ジャンル
小説/文学
発売日
2017
5月31日
言語
JA
日本語
ページ数
59
ページ
発行者
株式会社ボイジャー
販売元
Voyager Japan, Inc.
サイズ
2.2
MB

片岡義男の他のブック