ある職工の手‪記‬

発行者による作品情報

「ある職工の手記」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家である宮地嘉六の小説。この作品は底本の「現代日本文學大系 49 葛西善藏 嘉村礒多 相馬泰三 川崎長太郎 宮路嘉六 木山捷平 集」[筑摩書房、1973(昭和48)年]に収録されている。母親を亡くした後、父に対する想いと著者の佐世保の造船所へ行って職工になる決心などを描く。

ジャンル
小説/文学
発売日
1923年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
39
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
32.3
KB

宮地嘉六の他のブック

2015年
1922年