• ¥470

発行者による作品情報

ちはるのアクションシーンの吹き替えを、美空がやることが決定。抜群の演技を見せ、スタッフたちをうならせた。それを見た光太には、これまで一度も思わなかった「映画監督になろう」という気持ちがわいてくる。後半では、美空たち同様超能力を授かった野神剛志という不気味な少年が登場。天才的な陸上兼水泳選手である兄・篤史と共に、美空たちとはケタ違いの潜在能力を見せる。危険を感じたバケは、レンタル部員たちに「ヤツをつぶせ」と命じた。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2001
5月18日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
46.6
MB

あだち充の他のブック

このシリーズの他のブック