• ¥1,700

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【基本情報技術者試験】の【午前試験】で出題される内容を対話形式で解説したテキストです。

◆スマホで観られる過去問解説
著者Webサイトで10回分(全800問)の過去問解説動画を紹介。問題文に登場するプログラムを実際に作成し、動かしているので、データの構造や処理の流れがわかります。

◆1単元4ページのきっちり構成
短期間でざっと学びたい。少しずつじっくり学びたい。どちらの人にも使いやすい構成です。

◆読みやすい対話形式
一方的な説明ではなく、文系初学者の学生キャラと先生のやりとりで講義が進みます。

学生「16進数を習わなきゃいけない理由を知りたいです」
先生「コンピュータが扱う情報を、16進数を用いて表すと便利なのです」

学生「フローチャートの分岐って、ゲームなんかで、Aルート、Bルートに分かれるアレですか?」
先生「正解。行き先が分かれることです」

学生「関係データベースは、Excelみたいな表計算ソフトと何が違うんですか?」
先生「キーを用いて他の表と関連づけられるかどうかがポイントです」

ジャンル
参考図書
発売日
2017
11月15日
言語
JA
日本語
ページ数
416
ページ
発行者
日本経済新聞出版社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
95
MB

福嶋宏訓の他のブック