• ¥150

発行者による作品情報

「おはよう食堂」は安くておいしい朝食をたべさせる大衆食堂。切り盛りするのは美人で勝気な加代(若尾文子)。夫の大助(大橋巨泉)は一年前に女を作って外に出てしまった。舅の幸作(中村翫右衛門)は息子の不始末を詫び、加代を自分が経営する食堂に女将として迎え入れたのだ。気のいい客ばかりなのだが、近くのタクシー会社に勤める秀吉(堺正章)は詮索好きで、あれこれ加代の過去を調べては吹聴する。そんな秀吉が幸作を丸め込んで食堂に住みついてしまう。昭和47年にTBS系で放送。全17回。本巻では向田邦子執筆(2回)の第2、3話を掲載。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
2月18日
言語
JA
日本語
ページ数
48
ページ
発行者
ニュース企画
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
560.6
KB

向田邦子の他のブック

このシリーズの他のブック