• ¥680

発行者による作品情報

今秋、米の出来高も平年並みに戻ったが、高岡藩の財政はいまだ問題山積だった。勘定頭の井尻は出入りの商人から繰綿相場の話を聞いて、無断で藩の金を「空売り」に投資する。ところが繰綿の値は上がり続けた。家来の不始末に、正紀はどう決着をつけるのか!? 好評シリーズ第11弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
12月12日
言語
JA
日本語
ページ数
165
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
971.2
KB

千野隆司の他のブック

このシリーズの他のブック