• ¥690

発行者による作品情報

定信が発布した棄捐令(徳政令)に歓喜の声を上げる旗本、御家人だったが、その喜びも長くは続かなかった。大損害を被った札差はじめ、商人が武士に対する貸し渋りをはじめたのだった。高岡河岸に新たな納屋を建てるべく金を借りた正紀だったが――。二か月連続刊行! 好評・書き下ろし時代小説、第14弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
8月6日
言語
JA
日本語
ページ数
182
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.1
MB

千野隆司の他のブック

このシリーズの他のブック