発行者による作品情報

「お伽草紙」は昭和初期の小説家、太宰治の小説。5歳の女の子のために絵本を読んで聞かせる父は、その胸中におのずから別個の物語が出現する。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」といったお馴染みのおとぎ話が太宰流にアレンジされている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1949
10月26日
言語
JA
日本語
ページ数
119
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
85.4
KB

太宰治の他のブック