• ¥610

発行者による作品情報

高杉との約束で勝海舟を斬りに行った竜馬だったが、勝の海軍強大論や開国論を聞いて感動し、その場で勝に弟子入りを請うた。竜馬は、幕府役人の弟子になったが倒幕の意志は変わらなかった。一方、左幕派の土佐と倒幕派の長州が仲直りの意を含んで藩主の息子、娘が婚礼を上げたが、それぞれの火花がおさまることはなかった。勝らは攘夷をしようとする京の帝を説得するために、まず公郷を説得すべく、姉小路公知を、幕府の黒船に乗せ、その威力を示した。これにより攘夷の熱が冷めた姉小路だったが、武市ら倒幕派により暗殺されてしまう。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1991年
7月5日
言語
JA
日本語
ページ数
226
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
69.6
MB

小山ゆう & 武田鉄矢の他のブック

このシリーズの他のブック