• ¥800

発行者による作品情報

世界中の「闇」の権力を暴き続け、闘って来た中丸薫は、実は、まだ若き頃、ルポライターとして、ロックフェラーなどにインタヒューをしてきました。

そして後から、彼らの多くが闇の権力だと知り、恐怖に感じたそうです。



イルミナティなどの組織や数々のヨーロッパの王室が主催する闇の権力のたまり場を突き止めた彼女は、彼らがどれ位危険な存在であるかを告発し続けてきました。

もしかしたら、彼らから命を狙われるかもしれないその恐怖にも負けず、対峙されてきました。

彼女は、知っているのだと思います。闇があるのと同時に、光の世界があることを。そして光の世界で生きるための数々の手段を、教えてくれるのです。



心を浄化することは、なかなか困難なことです。でも欲得をやめよというのではなく、私たちの心の中を見つめ、心の掃除をすることが必要なのだと説くのです。



彼女は、宇宙から声を聞き、20121212日に次元上昇が起こると、人々に伝え、乗り越えるための手段を説いてきました。

幸いに、その日は、どこかで何かが起こったにしても、大きな変動はなく、安堵しているようです。



それでも宇宙創造神を心に刻み、行き続ける道を彼女は問い続けます。

ジャンル
政治/時事
発売日
2012
4月5日
言語
JA
日本語
ページ数
219
ページ
発行者
出版社あ・うん
販売元
Mindpeace.Inc
サイズ
3.5
MB

中丸薫の他のブック