• ¥880

発行者による作品情報

天保十一年、時の将軍は徳川家慶。しかし実権は、大御所・家斉が握っていた。絢爛たる吹き上げの桜見の会で、盛装した奥女中らが注視する中、事件は起こった──。家斉が寵愛する中臈・お美代の方とその養父にして背後の黒幕・石翁。栄華をきわめる彼らと、その追い落としを謀る水野忠邦一派。両者の罠のかけあいをミステリ・タッチで描き、権力に群がる矮小な人間の姿を炙りだす。権謀術数の大奥を生きる美女達に、快男児あり、色模様あり、黒幕ありの傑作時代小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2004
8月10日
言語
JA
日本語
ページ数
403
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.6
MB

松本清張の他のブック

このシリーズの他のブック