• ¥660

発行者による作品情報

2015年の大腸がん告知、抗がん剤治療を経て、人工肛門を造設した漫画家・内田春菊。前作「がんまんが」では人工肛門になるまでがセキララに描かれたが、その後も目まぐるしい日々は続いていた――!? 手術後の体や環境の変化と不安、日常における人工肛門の反応や装具の取り付け方、障害者申請や保険金のシステム、再びの抗がん剤治療などがん治療にまつわるアレコレが重なりつつも、生活を守るため相変わらずの仕事量&免許取得へ慌ただしい毎日。その一方で、子4人も不安を抱え、時には大ゲンカも…。この大腸がんで内田春菊は何が変わり、そして何が変わらなかったのか。病と家族と真正面に向き合った、闘病エッセイの新たなバイブルです。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018年
10月6日
言語
JA
日本語
ページ数
203
ページ
発行者
ぶんか社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
36.2
MB

内田春菊の他のブック

このシリーズの他のブック