• ¥100

発行者による作品情報

「いかん、暑すぎる… 金魚が煮えてまう」


停めていた自転車のハンドルに金魚入りのビニール袋がぶらさげられていた。

それが金魚を飼い、金魚たちと向き合う生活のはじまりだった。

金魚の飼育を通して自然に対する人間の責任を考える漫画エッセイ。


2017年5月COMITIA120にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌を電子化。

「創作同人2017年7月」参加作品。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2017
7月17日
言語
JA
日本語
ページ数
25
ページ
発行者
まるかふぇ電書
販売元
Multiple-cafe digital
サイズ
6.2
MB

砂虫隼の他のブック