• ¥1,400

発行者による作品情報

今私たちは、あふれるほどのものや情報のシャワーを浴び続けています。
便利になればなるほど、それらを選び使う楽しみより、ものや情報の多さに翻弄され、ストレスを感じることがありませんか。
年齢を重ねても気力が充実し豊かな人生を過ごすために、どんな暮らし方や生き方をすればいいのでしょうか。
その答えは、意外にもあなた自身の毎日の習慣の中にあるのです。
暮らしや人生を簡単に豊かにする“小さな習慣”の積み重ねは、人を変え、日々の暮らしや人生そのものが充実したものになるはずです。
よけいなことを考えず、身につけず、わかりやすく簡単に生きる。
何事も簡単に考えて行動すれば、今までの世界が一変し、充実した明るい人生が目の前に広がり、こころも身体もストレスから解放されるでしょう。

【著者紹介】
沖幸子(おき・さちこ)
兵庫県生まれ。生活経済評論家。家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表。
大学客員教授(起業論)。経済産業省、厚生労働省などの政府審議会委員を務める。
神戸大学卒業後、ANA、洗剤メーカーを経て、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、女性起業家としても知られる。
グローバルな視点を持った暮らしのデザイナーとしてテレビ・ラジオ・雑誌などで活躍中。
「掃除界のカリスマ」として知られ、家事・暮らしが楽しくなる数々のエッセイや評論は「沖マジック」として話題に。
著書に『ドイツ流 掃除の賢人』(光文社)、『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』(祥伝社)など10万部を超えるベストセラー多数。
近著に『四季に寄り添い、いやされる暮らし』(KADOKAWA)、『禅と掃除』共著(祥伝社)、『50過ぎたら、家事はわり算、知恵はかけ算』(祥伝社)。
最近は自筆の水彩画&暮らしのエッセイも手がける。

【目次より】
◆プロローグ
◆第1章 こころとからだが軽くなる習慣―こころ豊かに、元気に歳を重ねる
◆第2章 今をていねいに生きる習慣―一期一会を大切に
◆第3章 ものを減らす習慣―ものとの上手な付き合い方
◆第4章 暮らし上手になる習慣―清潔に、美しく、快適に過ごす
◆エピローグ

ジャンル
参考図書
発売日
2017
3月29日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
プレジデント社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

沖幸子の他のブック